読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと47なのね。

気分はお兄ちゃんですが47歳らしいですよ。

浅華。

ということでついに始まりました 秋のコスモス祭り第一弾のキバナコスモス。 始まりの記事でも触れました通りお天気のイマイチな日に撮りに行ってしまったので場所的には確実性重視なロケーション。 毎度お馴染みな総社市は吉備路の備中国分寺な訳です。 っ…

秋始。

朝晩もめっきりと涼しくなりその日の最高気温も30度に届く日も稀になって晴れの国も随分と秋っぽくなってきました。 まぁ秋っぽくなってきただけで秋らしくなってきたというニュアンスとは少し違うのと基本まだまだ日中は暑いんですが とりあえず秋っぽい事…

部景。

僕が世間一般で言う倉敷な写真をココで載せてみようと思った発端を作って頂いた風歌(id:kazeno-uta)さんから頂いたコメにもありますように 本当に本当に狭い範囲の倉敷美観地区でさえ見る人や撮る人が違えば見える景色や切り取られた風景が違ってくる 例えば…

川景。

世間一般でいう倉敷な景色。それはやっぱり倉敷川を中心としたこんな景色なんじゃないかと思うわけ。 倉敷川なんていうとさいったいどんな立派な川なんだ?とか思われる方もいらっしゃいましょうかもしれませんが 要は昔に作られた物流の手段としての用水な…

町景。

僕は倉敷に住んでいます。 何を今更というくらいにココに移籍した同時から っていうかココに移籍する前のダイアリー版で書いてる時から 倉敷在住な話は何度も書いていますが 実際にココで俗に言う倉敷な写真が載ることはあまりありません。 それは 僕が住ん…

別夏。

今更ながらな話で恐縮なんですが今年の夏も色んな事がありましたね。 まさかの大雨の影響で向日葵の国の出現が大幅に遅れたり 大雨が続いたかと思いきや 台風が全くやって来ないカラっからな真夏日続きだったり リオ五輪のテレビ中継に毎日毎日のように修造…

残夏。

「さすがにそろそろもういいんじゃね?」的な感じになってきましたか?と書いてる僕でさえ思ってきました向日葵祭。 だってもう9月も半ばっすもんね。いつまで続くのかキリがない感じになってますか?ひょっとしてウザいっすか? とかなんとか思いながらも…

惜夏。

一昨日の記事で 夏の名残りをお楽しみ下さい的な事を書いたので まさに夏の名残り的な裏面の写真展の最終シリーズ的な ピッタリな感じの写真を載せてみようと思います。 おそろいのいしょうのはなし。 夏の外ロケキャンペーンとウチの会社の夏祭りも二回目と…

差夏。

もうどっぷり9月になっちゃってますがそんな事はおかまいなしに続行中の向日葵祭り。そんな向日葵さん達の様子が昨日、一昨日くらいの記事から変わってきてるのをお気づきの方はいらっしゃいましたでしょうか?場所は変わってなくて向日葵の国の一部エリアな…

夏変。

ロケ撮キャンペーンの撮影をしていた6月には撮影日毎に雨に降られもういい加減勘弁して下さいとか言ってたのに しばらくすると全然まったく雨の気配が無い。湿度さえ低くてカラッカラ期がやってきてお盆を過ぎた頃から蒸し焼き状態。 ちっとも台風の気配がな…

夏所。

数日前から始まりましたひまわり祭の第2弾向日葵の国シリーズは夕陽の下で撮影したので色がかなり黄色め という話は一昨日に書きましたが向日葵の庭編のひまわり達とのもう一つ違いがあるの皆さまお気づきでしょうか? それは向日葵達の花の大きさ。特に花び…

夏夕。

昨日から開園いたしました当ブログの夏の風物詩でもある向日葵の国。ウチの職場の町の外れにある広大な空き地の一大名物 ともなっているひまわり畑なんですが今年は最初の種が大雨で流されてしまったりその後も妙に天候不順だったりしたせいで 8月最初の日曜…

夏開。

もう残暑お見舞もココで書いちゃったし お盆だって過ぎちゃったし 世間一般的にはもうそろそろ夏終わってくれ じゃないや夏は終わりだ~って期間 なのは重々承知な上での敢えてのこのタイトル だって咲いてくれたのが遅かったしぃ 八月の最初は祭りで忙しか…

夏層。

実際にそう書いてるだけでイラッとするくらい暑い晴れの国の夏。 どんだけ暑くてどんだけイラッとするかというと例えば通勤中に心が折れそうになって途中でおウチに帰りたくなったり いやいやこれでも一応は普通の社会人なんでなんとかかんとか踏みとどまる…

夏幻。

僕はいつも書いていますけど ピントなんて一か所あってりゃ良い派 なんですが今回の向日葵は特に 普段よりRAW現像で明瞭度を下げまくっているので かなり強めのソフトフィルターをかけたような ボケ感というよりは滲み感がかなり強めにでていますね。 だって…

夏感。

今回の向日葵祭りにて公開しております 向日葵の庭にて撮影した 大量の向日葵さん達の写真ですが AdobeさんのLightroomと言うソフトを使って いつもにも増してRAW現像で調整をかけております。 ハイライト部を大幅に補正したり 黄色の彩度と輝度を上げたり …

夏百。

今日の5枚目の写真でなんとココに上げる百枚目の向日葵になります。 早!!!めっさペース早っ!!! 今年は向日葵の国の出現が遅れているのもあってスタートが遅かった分を取り戻そう。とか思ったわけではないの決して。 だってまだまだ向日葵の国の感じは…

夏陽。

やっと夏の陽射しが戻ってきた。 梅雨明けと同時に雨が続き おまけに足の爪が変なになってしまったらしい 富山の兄(id:mzo)さんには申し訳ないくらい 晴れの国らしい 実に晴れの国らしい夏の陽ざしが帰ってきた。 おかげで暑くて暑くてそりゃあもうクソ暑く…

夏曇。

灰白く分厚い雲が蓋をして力強い夏の日差しさえ遮っているここ数日。 部屋の中にいる分には日差しがないだけ室温の変化が少ないのかけっこう快適に過ごせたりするんだけど一歩外に出ると最悪。 晴天の真夏日と違って室内が快適な分だけ外に出ると余計に最悪…

夏庭。

今年度の向日葵祭りにて何度も書いておりますように 今回は撮影場所がいつもと違います。 さて、では何処でしょうか? この上の写真で分かりますかね。 当ブログでは梅祭りやコスモス祭りで度々登場しております 総社市は備中国分寺の向日葵畑でございます。…

夏臭。

今日帰宅しようと会社を出た瞬間のことだった。 臭い、てか臭すぎる 昨日の記事にコメ頂いたように神戸の玉子王子(id:ochi_cochi)さまはココの夏の象徴でもある向日葵を見たら元気が出るそうだがココのお友達の皆さまはご承知の通りウチの会社のある町は向日…

夏空。

夏色の話の回で 黄色と緑のコントラストがないとココらしくない的な話をしましたが もう一つ大事なファクターがありましたね。 黄色いこの花をより元気いっぱいに魅せてくれる青く抜ける夏の空。 黄色、緑色、そして青色。 このトリコロールが揃ってこそ晴れ…

夏色。

ついに始まりました向日葵祭り。 毎夏恒例のこの黄色い花がないと 夏が来た‼︎って感じがイマイチなので 今回は撮影場所を変えて撮ってきた夏の花。 やっぱこの黄色と緑のコントラストがないとココらしくない からね。 ちなみに毎年お馴染みの向日葵の国も 8…

異変。

お友達の皆さんも楽しみにしておられる方も多かろうココの夏の一大イベントである向日葵の国が今年は大変なことになっております。 さっぱり向日葵が咲いてねえ‼︎ 今年は早植えの向日葵が不調だった上にメインイベントである向日葵フェスティバル用に植えた…

紫末。

約150枚。 調子に乗って 今年載せ続けた紫陽花の写真の数。 一昨年までは撮ろうとさえしなかった花。 雨の中を写すなんてゴメンこうむるから 雨の中でも平気な人のトコで見ましょうね とか言ってたのが嘘のように 気がつけば撮りまくりの載せまくり。 と言っ…

薄荷。

子どもの頃苦手だったハッカキャンディ。 色んな味のドロップが入っている缶から白いハッカ味が出てきた時のハズレ感。 白い色はハッカの色。 白い色は奈良のお嬢(id:ka-ruto)の好きな紫陽花の色。 いつしかハッカ味がハズレじゃなくなってハッカという言葉…

多彩。

去年は勢いだけで乗り切った紫陽花祭り。今年は2回目という事で 木漏れ日エアリーというテーマを決めて撮ってみました上さまの大好物なガクアジサイ。 いくらお腹が空きすぎたら大暴れしてしまうらしい上(id:Strawberry-parfait)さまでもさすがに 食べちゃ…

図解。

前回の紫陽花の撮り方説明の回に半逆光というフレーズを使ったわけですが その時にも書いた通り文字だけではニュアンスが伝えづらいと言うか分かりづらいかな?とか思ったりもしたので今回は少し分かりやすく解説してみようかと思います。 この2枚目の写真で…

奥行。

毎度浅い絞りで狭い被写界深度を設定して写しているので紫陽花のように元々ボリュームのある花の場合より奥行きのある写真が撮れます。肉眼で実際に見える景色を遥かに超えてより遠くにある感が表現しやすいのではないか?と思ってたり 去年はココで載る初め…

練花。

偶には写真ブログ風に 写真だけの記事ってどう? とか思いつつ。 やっぱオサレ写真兄(id:moozy)さんのようにはいかないな。

日陰。

じゃないと暑くてやってらんないぜ。と言う心の声に非常に忠実に撮影しております。ガクアジサイの写真ですが 半逆光の話で書いたキラキラなエアリー感とは別に日陰ならではの間接光を使って柔らかいエアリー感を出してみました。 何と言っても 今年の紫陽花…

半光。

ココの写真の解説で度々登場する半逆光と言う言葉。太陽光源がある方にレンズを向ける逆光状態の中でも完全に太陽を背にして撮るのではなく 斜め後ろくらいな感じ?僕的には若干逆光ぎみまで含めたニュアンスで半逆光という言葉を使っています。 被写体を斜…

交互。

「ガクアジサイ」 お腹がどうしても空いてしまったら暴れまわり超超精密機器だって蹴とばしたり水没させたりして暴れん坊な感じになってしまう事でも有名な上(id:Strawberry-parfait)様の好きな紫陽花。 「白いアジサイ」 なんか品種的には名前があるんだろ…

白系?

なんだか最近僕の周りには 白いモノが集まってくるようで さすがはNIKONの破壊力描写力を誇るミラーレス一眼 白い王子ことNIKON1v1&v2の二台 そしてつい最近やってきた新たな相棒 白いbBさんと白づくめの装備で写しに行くと 紫陽花も白い系が出迎えてくれる…

花山。

昨日の記事にてご紹介したように今日から紫陽花を撮った場所が変わります。 最初に行った吉備津神社は紫陽花の咲いてる場所に行くまで結構境内を歩いた上に日が差して予想以上に暑かったのであっと言う間に僕の電池が切れてしまい早々に撤収してしまいました…

陽花。

全く雨感のない紫陽花。 でもあれじゃん紫陽花って漢字を見たらさ 紫の陽の花って書いてあるじゃん。 って事は向日葵と同じ括りとも言えなくはない気がする。 てな訳で 開き直って雨感のない紫陽花を更に連発させる訳です。 だいたいたまのお休みの日にまで …

強弱。

昨日の記事のラストでピーカンの日向は面白くないと書いた続きです。 僕がココに載せている写真は基本的にお天気の良い日に撮影するのが前提です。 やっぱさ、せっかく晴れの国に住んでる訳だし晴れの国自慢の陽射しが降り注ぐ写真を見せびらかしたい訳よ。 …

雨陽。

雨が降ったと思えば急に陽が出てと思ったらまたパラつきだしたりと不安定なお天気の中 先月末に来た新たな相棒の白いbBさんの交通安全のお参りも兼ねて岡山の吉備津神社に行ってきました。 何故?この吉備津神社に行ったかと言うとですね昨日の記事にも書い…

花園。

高校ラグビーの聖地的な話ではなくて秘密のなんとかな話でもなんでもなくて もちろんマイアミの奇跡を起こしたチームのキャプテンでもなくて てかそれは前園君。 ウチの会社のある町が干拓事業で作ったというか出来てしまった広大な空き地をなんとか町おこし…

野撮。

6月から始まりました ウチの会社のお祭り企画の野外撮影。 土曜日の記事でも触れましたように 昨日は社長不在の為 僕が一人で撮影しました。 もちろんいつもの学校とかの撮影とは違って ちゃんとアシスタントはついて来て貰えましたよ。 お客様と一緒に公園…

踊花。

今年もまたポピーの季節がやってきました。 前からのお友達の皆さんにはお馴染みのウチの職場の町にある広大な広大な空き地にある 春先には菜の花、秋には秋桜そして夏には向日葵の国が出現する同じ場所でございます。 藤の揺れ具合も良かったですけど晴れの…

陽藤。

先週前半までのグダグダな天気が嘘のような陽射しと暑さの戻った週末でしたが 今日はまた不安定なお天気で いよいよ次の土日に迫った小学校の運動会が心配になってくる。 いくら体育館で練習できるとは言っても 全体的な演技の様子は運動場じゃないと掴めな…

透藤。

基本的にココの写真は浅い絞りによるボケ感と半逆光を利用した透け感 その二本柱で萌え度を追求するのが毎回のテーマ なのですが 藤のような花の場合 花そのものが透けるまで透過させるのは難しいので 逆光時のフレアを使って透けた感じにしてみたり 連なっ…

輝感。

昨日から掲載しております種松山公園の快晴の日の藤シリーズ。 昨日の記事でお天気がイマイチだった前半部分 とは書きましたが初日も決してお天気悪かった訳ではありません。 雨とかパラついてたりなんかしたら 絶対に写真撮りに行こうとは思わない人なんで…

戯藤。

実は昨日のラスト2枚から藤の写真を撮った日にちが変わっています。 最初に撮った日にお天気がイマイチだったのでもう一回撮りに行こうと思いながら4月の末ら辺は忙しくて やっと子どもの日の午後に時間ができたので種松山に行ってみたら↑上の写真のようにほ…

藤呆。

藤感の話でも書きましたように藤を写す面白さあくまで僕的にはやはりボケ感なのです。 前ボケから後ボケまでの連続した感じは 連なって垂れて咲いている藤ならでは。 下から煽って見た感じや奥行感など 同じ柄が連続して続く感じも含めてとても面白い。 しか…

薔薇。

母の日と言えばカーネーションかもしれないのですが先日、藤を撮りに行った種松山公園の僕が車を止めた駐車場の近くの場所に薔薇が咲いてたので撮ったのを載せてみました。 世の中の全てのお母さん達に「ありがとう」を。 皆さんの愛情なくしては 写真屋さん…

明記。

少し前にブログへの掲載写真を無断使用されたことについての記事を某所にて拝読しましたので今一度ココでの僕が載せている写真についての僕の考えを明記しておきます。 基本的に僕はココに載せている写真について 著作権がどうとか版権がどうとか言う気は全…

藤感。

藤のある景色。 藤棚とかから垂れている感じも良いし 偶に自生している藤がさ 他の緑の中から顔を出してる感じもまた風情がありますね。 ただやっぱココの主催者の場合。 撮影場所に下りを攻められるかどうかで決めちゃうようなヤツなんで 藤の撮り方も少し…

藤色。

藤色という表現があるように一般的に藤と言えば紫と紺の間の色の花。 的なイメージがありますね。 幼稚園とか保育園の藤組さんも帽子や名札は紫色。 僕も以前はざっくりそんなイメージだったのですが ココに写真を載せるのに いろんな藤棚に撮影に行くように…