読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと47なのね。

気分はお兄ちゃんですが47歳らしいですよ。

憧憬。

子どもの頃。

とても憧れていた野球選手がいる。
確か小学校低学年時代だったろうか
世界のホームラン王さんが756号を記録したせいもあって
僕の回りにはやたら巨人ファンが増殖しつつある中
そのライバル球団とされる
縦縞がトレードマークのチームの
夜空に高々と舞い上がり
熱狂的なファンが待ち受けるスタンドに向けて
見事なとても綺麗な放物線を描く
ホームランバッターが大好きだった。
 
その背中には22番。
そのかなりな後
火の玉の如きストレートを投げる守護神が
受け継いだのもあって
最近では縦縞の22番と言えば球児
みたいな印象をお持ちの方も
特に若い世代のファンには球児のイメージが強い
かも知れないがやはり
僕にとっての縦縞の背番号22と言えば
天才ホームランアーチストと称された
偉大なるスラッガーなのだ。

f:id:tk1969:20140125201615j:plain

彼が引退した後も
色んなスラッガーが放つシビレるホームランは
幾度も見てきたけれど
やはり彼が放った放物線のような綺麗さは
見られなくなった気がする。

秋田(id:monosuya86)の親方さんから振られた
ぞろ目のお題。
44のぞろ目でバース論でも良かったのだけれど
やっぱ僕的には22番の方が思いいれが強かったりする。
またいつの日か
ヒットの延長ではなく
バットから放たれた瞬間から明らかなホームランが
甲子園の夜空に舞い上がる瞬間を
心待ちにしているのだ。