読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと47なのね。

気分はお兄ちゃんですが47歳らしいですよ。

英雄。

これは
2012年のロンドン五輪の後に
ダイアリー版にて書いた記事なのですが
今は読者限定となって裏面扱いとなっていて
リンクを張っても圧倒的に読めない方が多いと思いますので
つい先日
現役引退を発表された女子サッカー界のレジェンドに
敬意を表するためにも今一度こちらに
再構成して掲載してみようと思った次第。

f:id:tk1969:20151219205928j:plain

それは一人の勇者が信頼する仲間とともに
大きな敵に挑んで行く物語。
最初はレベルも低くヒノキの棒と皮の服しかない勇者が
旅の途中で経験を積み
やがて強固な鎧と一撃必殺の剣を授かり
見事ラストステージをクリア。
したかと思ったら更に強大なステージが待ち受ける。
まるでRPGな物語。

f:id:tk1969:20151219210024j:plain

今からおよそ20年前。
日本に現れた一人の才能を持った少女に勇者の証が授けられました。
しかしその時はまだか弱い少女で
その時の仲間たちもまた普通の女の子達でした。
それでも幾多の試練を乗り越え一歩づつステージをクリアして行く度
その勇者に導かれるようにして
様々な勇者を補う才能を持った仲間が現れ
勇者をサポートしてくれる少し駄洒落好きな色黒の賢者と共に
世界で様々な戦いを制し
聖地にて行われたファイナルステージまで進み
また次なる世界戦へとその使命を全うしてくれました。
これからも語り継がれるであろう
伝説の勇者の名前と勇姿に導かれて走り始めた
多くの少女達に夢を繋げて。

f:id:tk1969:20151219210258j:plain

本当に本当にお疲れ様。
皇后杯が終わったら一度体を休め心を癒して下さい。
そして今度はあなたが証を託す次なる勇者とその仲間達が
挑む旅路を後から見守ってあげて下さい。
そしていつの日か
あなたが道を示す役割を担ったチームが
最強なでしこの名のもとに
新たな旅路にでることを僕の楽しみにしたいと思います。

 

2015年12月19日。

偉大なる
日本が世界に誇る女子サッカー選手の
壮大な軌跡に敬意を表して。


るように読めるかなぁ?