きっと47なのね。

気分はお兄ちゃんですが47歳らしいですよ。

束間。

あんなにも欲しくて欲しくて堪らなくて

現物を見ることなく予約注文して
当初の二カ月待ちと言わ出荷予定に失望しつつも
待ちに待ち焦がれた
僕的には久しぶりに見て即欲しいと思った
リンゴ印製品。
ジョブズおじさんなき今
「もう当分はリンゴ印の製品を衝動買いしないかも?」
的な発言をアッサリ覆した
リンゴ印の腕時計が届いてから数日。
前に腕時計は嫌いだからしない的な記事を書いた人が
毎日のように腕時計をしています。

f:id:tk1969:20150519201844j:plain

僕は腕時計はしない人
と言うのが浸透しているウチの会社の皆さんも呆れるくらい
実に嬉しそうに毎日腕時計をしています。
相変わらず携帯されない携帯電話なiPhoneさんは
会社にいる間は机の上に放置されていますが
リンゴ印の腕時計さんはしています。
軽い金属アレルギー持ちの僕が
そんなの全然気にしないくらいにしています。

f:id:tk1969:20150519201920j:plain

していますが
とりたてて何がどう変わったかと言うと
左腕が少し重いくらいで
別にアップルウオッチしてるからどうとか
やっぱアップル製の最新ウェアラブル端末は違うねぇとか
全くありません。
偶に時間を見るくらい。
いや今は嬉しくしてるので時間をわざわざ見たりしますが
会社の事務所には時計あるし
そのうち見なくなったりするかもしれません。

f:id:tk1969:20150519202020j:plain

じゃあなんで買った?
的な話に普通の方ならなるかもしれませんが
だってそれは男の子の浪漫じゃん。
ナイトライダー的な気分を味わってみたくなるじゃん。
KITTかsiriさんかな違いだけで。
ただいくら男の子の浪漫を追いかけているとはいえ
田舎では
特にド田舎の町では注意が必要だというのも学習しました。
「あの人いい年して腕時計に話かけてるよ」
みたいな可哀想な人扱いされる危険を伴いますので
他に人がいないところでコッソリしましょうね。
経験者からの助言です。