てか48なんだけどさ。

気分はお兄ちゃんですが48歳らしいですよ。

天職。

某ウサギ(id:hana-kaoru)さんの説によると

どうやら写真屋さんというのは僕の天職らしい。
プロカメラマンが同行しますと謳われたフォトツアーで
一切写真教室的なものをしなかった僕が
果たしてプロカメラマンとしてツアーの参加者の皆さんに
認知されていたかどうか不明だけど
写真屋さんという業務にだけ限定すれば
確かに天職と言って頂いてもなんか嬉しい気がする。
そんな僕の
いわば天職中の天職とも言えるかもしれない
小学校の卒業アルバム用の撮影が今週から始まりました。
島の話に夢中ですっかりご報告が遅れましたが。

f:id:tk1969:20141022203302j:plain
(↑コレは島の中学校です、あしからず)


相変わらずと言うか毎度のことと言うか
ド田舎の町の小学校の6年生達は今年も無邪気に笑っております。
てか笑い転げております。

&
「全力で走れ‼︎」とか
「これ以上ない勢いで飛べ‼︎」とか
「もし俺が変顔の写真選んでも
君のお母さんは大笑いしても怒る事は無い」とか
よく分からない指示が飛びまくっております。
もちろんこれも例年通り
レフ板職人と笑顔を作るプロが発掘され
「中学校に行ったら職場体験で指名するから」とか
「ウチの店が忙しい日はお母さんに電話するから」とか言われ
クラス中の賞賛の的になっているとかいないとか。

f:id:tk1969:20141022203545j:plain

今週の月曜日。
あいにくのお天気の中行われた
ウチのテリトリーでは一番大きな小学校(と言っても2クラス)の撮影では
校庭の遊具で写すグループ集合だけは如何ともし難く
お天気の良い日に日延べすることになり
教室での授業風景のスナップが終わって帰る際
「天気が良かったらその日に突然撮るって決めるから
今週一週間は油断するなよ」
と言われた6年生は家でお母さんに
今週一週間は毎日キレイな白シャツと白ソックス
って書いた連絡帳を見せたらしいです。
「そんなに汚らしいカッコで行かせてるつもりはないけど」
とある保護者の方に今日
冗談交じりに言われて知りました。