まだ49なんだからね。

気分はお兄ちゃんですが49歳らしいですよ。

講師。

いよいよウチの会社の今年度新規事業
毎月一回、計6回の写真講座が開講しました。

f:id:tk1969:20190420201747j:plain
2月と3月にやった1DAY版とは違って
一眼カメラをマニュアルモードで撮れるようになる

f:id:tk1969:20190420201830j:plain
のが目標というかお題目の超ガチなヤツ
受講料もお手軽ワンコイン500円の1DAY版とは違って

f:id:tk1969:20190420201900j:plain
月々うん千円のお月謝をちゃんと頂いて
しかも協会発行の教科書も買っていただく超超ガチなヤツ。

f:id:tk1969:20190420201929j:plain
2月と3月のヤツは全てはこの為の前フリ
とも言えるガチで真面目で本格的な写真教室。

f:id:tk1969:20190420202012j:plain
なので僕も普段ココで書いてるようななんちゃって流ではなく
カメラの仕組みから写真が撮れる仕組み

f:id:tk1969:20190420202044j:plain
そして露出を自分でコントロールする方法と
自分でコントロールした方が良い理由

f:id:tk1969:20190420202116j:plain
等々、僕の行ってた専門学校よりも親切丁寧に
受講生の方に説明指導いたします。

f:id:tk1969:20190420202157j:plain
いやしなければなりません。
泣き叫んで暴れる3歳児を写してる方がきっと楽。

f:id:tk1969:20190420202233j:plain
めっさ疲れた。
1DAYコースなんか比じゃないくらいの疲労感。
とりあえず初回を終えての感想です。

f:id:tk1969:20190420202323j:plain
ちなみに野外実習から合流してすぐに延々と7分間
流し撮りの目標になり続けダッシュを繰り返したウチの社長も
一気に疲れたと申しておりましたとさ。

花感。

少し前に書いたココに載せる写真のポリシー
「透け感と萌え度の追求と探求」

f:id:tk1969:20190418161736j:plain
に付け加えて今年から更に盛り込んでいる要素があります。
立体感というか3D感というか

f:id:tk1969:20190418161815j:plain
去年の年末に入手した新たなる相棒
富士フィルムさんが英知をぶち込んだXTシリーズの

f:id:tk1969:20190418161844j:plain
廉価版とはいえ
普通に買えばそこそこのお値段がする良いカメラ

f:id:tk1969:20190418161913j:plain
を使ってしかも
浅いあっさい絞りで被写界深度ほぼ無し状態で写すなら

f:id:tk1969:20190418161947j:plain
前ボケも後ろボケもふんだんに詰め込んで
奥行き感も出してみてやれ的な?

f:id:tk1969:20190418162026j:plain
しかも菜の花に梅に桜にと
せっかくその感じが出しやすい題材が続くのであれば

f:id:tk1969:20190418162102j:plain
透け感と萌え度にも繋がる
というよりは更にプラスアルファな要素としてもってこい

f:id:tk1969:20190418162138j:plain
なのではなかろうかと思いついちゃった訳ですよ。
別段何か特別な装備や道具が増える訳でなし

f:id:tk1969:20190418162211j:plain
カメラとレンズとメモリーカード。
必要最低限の道具以外は使わないというなんちゃって流写真術

f:id:tk1969:20190418162301j:plain
ならではのテーマなのでは?
と僕的にはすごく納得している次第であります。

壁挑。

人生には色んな壁があると言いますが
富山の兄(id:mzo)さんは今5kmの壁にぶつかっているらしい。

f:id:tk1969:20190416204426j:plain
5kmの壁にぶつかる
てことは富山には全長5kmにも渡る超ロングな壁があるのだろうか?

f:id:tk1969:20190416204454j:plain
万里の長城的な?
てか全高5kmだった場合は進撃の巨人でも無理じゃね?

f:id:tk1969:20190416204527j:plain
的なトンデモ妄想話ではなくて
兄さんのライフサイクルでもある長距離走のトレーニングの話だそうだ。

f:id:tk1969:20190416204556j:plain
皆さんはご存知だろうか?
富山の兄さんという人はボッチ孤高でタラタラ黙々と走る男という事を。

f:id:tk1969:20190416204641j:plain
風邪も捻挫も走れば治る星人で
逆に走らなかったら死んでしまうまるで鮪のような生態なのを。

f:id:tk1969:20190416204713j:plain
そんな兄さんが今5kmの壁にぶつかってもがき苦しんでいる。
心配だ実に心配だ。

f:id:tk1969:20190416204745j:plain
まだ春先っていうか富山ではやっとこさ春なこの時期に
5kmくらいで苦しんでるようでは

f:id:tk1969:20190416204818j:plain
毎年恒例の東京までマラソンは今年も無理
っていうことなのだろうか?

f:id:tk1969:20190416204904j:plain
某番組のように全編ずっと生中継される訳じゃないし
24時間内にゴールする必要もないし新幹線だってあるじゃない

f:id:tk1969:20190416204951j:plain
そんな感じで少し肩の力を抜いて東京に向かって走り出していただきたい。
ちなみに兄さんたら東京まで走って更に東京マラソンを完走する
プランまであるらしい。
風邪も捻挫も走れば治る星人恐るべし。