きっと47なのね。

気分はお兄ちゃんですが47歳らしいですよ。

帰郷。

去年の秋口の話。

ウチの上級役員様が所属しておられる女性の為の某会で
とある企画が持ち上がっていた。
今年その会の所属支部が周年記念を迎えるので
晴れの国ゆかりのアスリートを呼んで
周年記念の事業として講演会をしてもらおう
的な話になり
岡山出身ではないけれど
今や日本女子サッカー代表のキャプテンを務める
出湯の里のサッカーチームのレジスタと。
特にあまりメディア露出しない彼女の方が話題にもなるし
面白いんじゃないか?的な話になった。

f:id:tk1969:20150218201355j:plain

問題は
今年の夏にカナダで行われるW杯の為に
いつもにも増してタイトになるであろう彼女のスケジュールと
それより何より
彼女は人前で講演したりするのがとても苦手ということだった。
ただ講演に関しては
質疑応答式にしたりサッカー教室的なイベントにしたりすれば
それ程負担にはならないだろうし
ただの講演会よりも確実に人は呼べるだろう。
やはり一番の問題は日程だ。
シーズンインしてしまったら
「朝眼が覚めて一番に考えるのが
サッカーのことじゃなくなったら引退する」
とまで言うあの子の事だ
チームにサッカーに専念したいだろうしそうさせてあげたい。
ならばシーズンオフならばどうか?と
会のツテをたどってクラブに問い合わせてみたところ
「来シーズンの契約はまだ未定なのでお答えしようがありません」
と実に大人な回答が返ってきた。

f:id:tk1969:20150218201547j:plain

まぁ問い合わせてくれたのが
スポンサーでもある地元新聞社のお偉いさんだったので
中途半端な回答はできませんわな。
的な事になってそれからウチの会社も忙しいシーズンになり
すっかり忘れた事にしてた話がぶり返してきたそうな。
せっかくならいっそのこと
「カナダのW杯が終わってからシーズン再開までの間に
もう一回頼んでみたらどうでしょう」
と役員様に言ったところ
「結果によったらコッチに戻ってもこないんじゃない?」
的な心配をされていたのだが
あの子をなめてもらったら困るんだな。
ドイツの時だってフィーバーだの受賞ラッシュだの
メンバーの多くが色んなメディアに引っ張りダコな中
主要メンバーでありながらその殆どを断って
「ゆっくり温泉に浸かりたい」と岡山に戻った前科があるんだぜ。
今回もきっと
岡山には「帰る」と言って
千葉の実家には「行く」と言うあの子らしく
何があっても「まずは湯郷」というポリシーだけは
覆らないと僕は思っています。
それこそが
我らがサッカー小僧の我らがサッカー小僧たる所以。
きっとウチの職場の町にだって
あの人懐っこい笑顔で来てくれるんじゃないかな。
もちろん一番キレイな色のメダルを持って。