きっと47なのね。

気分はお兄ちゃんですが47歳らしいですよ。

切望。

最近とてもハマっている事があります。

某テレビ朝◯系列でのサッカー日本代表戦の中継。
いやいや僕はもともとサッカー少年だったし
男子女子関係なく
放送がある場合は余程のことがない限り
てか余程のことがあったとしても見るのですが
ハマっているのは
あの二人の解説者による掛け合いだ。
放送的には解説ということになっているみたいだが
アレはもはや解説というよりは応援だ。
ただ、それが、とても途轍もなく面白い。

f:id:tk1969:20150124202630j:plain

隊長、中山雅史
かつて魂のストライカーと称され
日本サッカー界の歴史に燦然と輝く記録と記憶を残してきた男。
それでいて決して英雄然とせず
全てを圧倒し凌駕する人間力で誰からも愛されている
親しみやすいスーパースター。
そして松木安太郎
現役時代から理屈やスキルよりも根性と気合を武器に
戦い続けてきた炎のサイドバック
ただひたすら背番号と名前を連呼するという
サッカー解説に革命を起こした男。
普通はどっちか片方だけ起用してもう一人は理論派呼ぶよな。
的なセオリーを無視して二人を起用したテレビ◯日さん
大正解です。
ありがとうございます。
だって本当に面白いんだもん。

f:id:tk1969:20150124202749j:plain

アレならサッカー知らない人が見ても
きっと面白いと思うもん。
何よりサッカー中継を見た子ども達が
「代表選手ってスゴイな」「頑張ってるな」「カッコいいな」
って思うと思うもん。
例え0-1で負けていても一緒に応援しようと思うし
最後まで何が起こるか分からないのがサッカーの面白さ
だって伝わると思うもん。
残念ながら負けてはしまったけれど
昨日の試合を手に汗握る白熱の死闘として伝えられたのは
あの二人の情熱の賜物だ。
もしセル爺の解説だったら。。。。
多くの人が途中でチャンネル変えていたかも知れないもの。
日本サッカー界が生んだ二人の偉大なるエンターテナー。
あのタッグがこれからも続いてくれる事を
僕は切望している。