きっと47なのね。

気分はお兄ちゃんですが47歳らしいですよ。

風情。

錆び感に日夜愛情を注いでいらっしゃるryo(id:ochi_cochi)さん曰く
離島はとてもフォトジェニックだそうなのです。
その意見には僕も大賛成なのですが

f:id:tk1969:20141021202412j:plain

とりわけ今回のツアーで極め付けにフォトジェニックなのが
午後からご案内いたしました真鍋島なのですよ。
もう皆さん好き勝手に料理しちゃって下さいな感じ。

f:id:tk1969:20141021202449j:plain

なので本当に説明しないと見逃してしまうホルトの木(詳しくは各自ググッてね)
現役で今も実際に使われている
木造校舎のある真鍋中学校まで皆さんをご案内して

f:id:tk1969:20141021202640j:plain

「後は皆さんで思い思いにお過ごし下さい」
帰りの船の時間まで自由行動と言う完全なる放置プレー。
漁村の風情ととてもフレンドリーな野良猫三昧な感じを味わって頂きました。

f:id:tk1969:20141021203006j:plain

車が通れる道は島の外周のみの細い路地が入り組んだ街並み
路地は海から山へ人と潮風を運ぶ
普段の町暮らしでは決して味わえない景色。

f:id:tk1969:20141021202915j:plain

島に降りたったらすぐ出迎えてくれる猫達
ノーヘルの原チャリ、ノーナンバーの車
被写体には困ることの無いまさにフォトジェニックな島。

f:id:tk1969:20141021202848j:plain

諸島の連なる海を眺めながら
定期船なら片道が普通船で1000円高速船で1700円
それだけかけてでも渡る価値はあると僕は思うけどなぁ。

f:id:tk1969:20141021203049j:plain

そんな真鍋島写真撮り放題プランに
瀬戸内の幸をふんだんに使った地元仕出し屋さんのお弁当と
下見の初日ですっかり島の面白さステキさにハマり

f:id:tk1969:20141021203125j:plain

結局3日間島に通ってしまった撮影ポイントガイドもついて
5000円未満の参加費で済むなんてお得だと思いますよ。
※但し僕が同行した場合、写真教室的なものは一切ありません※

f:id:tk1969:20141021203232j:plain

第二回ってあるのかな?
できればあって欲しいなぁ。
そしたらまた堂々と島に遊びに行けるのにな。

f:id:tk1969:20141021203257j:plain