てか48なんだけどさ。

気分はお兄ちゃんですが48歳らしいですよ。

証明。

これは写真屋さんとしてではなく

僕の個人的な見解なのですが
証明写真ってとっても難しい種類の撮影と思うのね。
だってさ
場合によってはその写真が原因で
試験や就職に落ちたり受かったりする訳じゃん。
特に買い手市場の場合とかさ
面接や筆記試験で本人を見る前に
書類選考とかで線引き入れられたりするしさ。

f:id:tk1969:20140415200441j:plain

だから今まさに絶好調撮影中の
高校と中学の個人写真もかなりに気合を入れて
慎重に慎重を重ねながら写してる訳です。
「その子はこんな子なんです」って証明する写真だから
姿勢や表情も明るく優しく且つ凛々しく撮ってあげないとね。
去年書いた修整の話(知らない人はクリック)
またその後の事で
まずはキレイに写してあげてはじめて
「お金をもらえる証明写真になる」んじゃないかって
僕は思っているんでね。
 
今日、中学校で先生に聞いたんだけど
ウチの前にアルバムを作ってた写真屋さんは
個人写真で笑わす時に
小さな子どもをあやす時みたいな鳴り物を使ってたらしい。
僕に言わせればそんなのは邪道もイイトコでさ
小学校じゃないんだから
一番人生で多感な時期の中学生を
無理クリ笑わせるなんてとても頂けない。
その写真を見る度に「無理矢理笑わされた苦い思い出」しか
残らないじゃん。
笑える子は笑って笑えない子はそれなりの表情で
その子なりにその時感じた気持ちを残してあげられれば
それがその時のその子の証明になるんじゃないかなぁ?
まぁ幸いにも
僕は卑怯な手にうってでなくても
子ども達が笑ってくれる
笑えない子も怒らずにちゃんと普通に写ってくれると言う
変な自信とそれに付き合ってくれる子ども達相手だから
言えることかも知れないけどね。
 
てな訳だから奈良のお嬢(id:ka-ruto)
証明写真とか個人写真ってさ
写る側よりも写す側でキレイさが変わるんだよ。
だから
この前書いたアドバイスと
笑う時は写してるレンズの3m先を
イケメンが爽やかに手を振ってるのを妄想しながら写れば
随分違うとは思うけどね。
後は
前の日の晩に父ちゃんに怒られすぎない様に気をつけるコトかな。