読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと47なのね。

気分はお兄ちゃんですが47歳らしいですよ。

試練。

~大嫌い あなたいつも笑っていて
 強くて可愛くて 人気者で
 大嫌い わたしグズでのろまで
 誰にも必要とされてない~

 

例えば僕なんか
自分勝手に生きていくのがとても好きなタイプで
誰かに合わせて我慢するとか遠慮するとか
仕事ならまだしもプライベートなら真っ平ゴメンだから
この年になっても
一人で好き勝手やっている方が心地良かったり
するのだけれど
世の中には僕のようなタイプとは正反対で
って言うか僕のようなタイプが同じ集団にいたりすると
とても割を食らってしまう人もいるらしい。

「今更か?」

f:id:tk1969:20131020203933j:plain

話したいコトたくさんあるんだよ と
 ポツリとあの時言ってくれたのに
 どうして聞こえないフリしたんだろう
 とっても嬉しかったのに

 

だからと言って
今更とても生き方や主義を変えるなんて無理だし
てか
僕らのようなタイプは往々にして
もしかして「俺らのせいで割くってるヤツいるんじゃね?」
的な発想なんて絶対しないんだけど。
まぁ僕とかはソレのかなりに極端な方なんだけど
せっかくの修学旅行が消化不良に終わったっぽい感じな
秋田(id:monosuya86)のよくできたお嬢の話を読んだら
なんんとなくホンの少しだけど
申し訳無いなぁって僕の当時のクラスメートに
思わないコトもなかったりして



Jungle, Smile, dakishimetai - YouTube

私も独り怯えてるよ ちっぽけで情けないんだよ
 もっと勇気があったなら
 わたし あなた抱きしめてた
 ねぇ みんな同じだけ孤独で同じように怯えてるなら
 なにも恐がることないんだね
 わたし あなた抱きしめるよ

 

とりあえずアレだ。
将来、お嬢が立派な旅人になって
って言うか今回の旅のリベンジをしたくなったりしたら
いつでも遠慮はいらんから倉敷においでなさい。
贔屓してるお嬢のためなら多少のポリシーは無視して
おもてなししてあげるからね。

 

 

追伸。
もしそん時どうしてもついて来たいって
親方が言った場合は
少しだけ考えてあげてくらはい。