きっと47なのね。

気分はお兄ちゃんですが47歳らしいですよ。

サッカーの話

響葉。

確かに君にはその資格がある。そして君からの言葉なら選手達の心に響く伝わる力を持っている筈。 見た目はオーソドックスな4-4-2のフォーメーション。ペアリングされた2人の選手が常に連動して上下動を繰り返す事を除けば。 ツートップは最前線からチェイシ…

進続。

まるでついて最近の事のような去年の年末の出来事からもう3カ月も経ったんだね。あの日世界を席巻した白い巨人を相手に奮闘どころかギリギリのところまで追い詰めた好ゲームを演出してくれてから君と君のチームの持つポテンシャルは更に凄みを増したように僕…

新起。

なんか間違っていると思うのは僕だけだろうか?あのWBCとやらに向けてシーズン開幕前から頑張ってくれているお侍さん達を煽るテレビ局の皆さん。「奪還?」そんなの8年前の出来事じゃん。監督も主力選手もエースも四番バッターも変わってすっかり別のチーム…

三色。

お腹が空いたら暴れだして超精密機器さえ蹴飛ばしてしまう某食いしん坊将軍(id:Strawberry-parfait)さまなら三色と言えば別の何か食べ物を想像するかもしれないが僕の場合三色と言えばトリコロールとも呼ばれる青白赤のフランス国旗と同じ色のフランス代表チ…

一歩。

いい試合だった。本当にいい試合だった。ヨーロッパ王者のスペインの白い巨人をあのレアルマドリードをJリーグの鹿島アントラーズがあと一歩のところまで追い詰めた。 後半の途中までは「ひょっとしたらひょっとするのでは?」な感じで僕もワクワクしながら…

巨白。

スペインの王都の名を冠し王朝のチームと戴冠される白い巨人。スタメンだけではなく所属選手の殆どが各国の代表チーム選手で構成されるスペインのいやサッカー界全般においても超がつく名門クラブ。 レアルマドリード。 そのチームでプレーすること自体が多…

奏歌。

~夕暮れに見上げた空が 淡くやさしく胸に沁みるから あなたの無邪気な笑顔 想って帰りたくなる~ 15年君があのチームにもたらしてくれたものは数えきれない。君があのチームに与えてくれたものは計り知れない。そして君にとってもあの町で過ごした時間は何…

狭門。

今年リオで開催される五輪に我が岡山県がホームのJ2ファジアーノ岡山からチームで今年から10番を背負っている矢島君が代表選出されたという話に触れましたが僕は前から五輪の代表チームについて疑問に思っていることがある。 五輪とはアマチュアスポーツの祭…

河童。

あれは忘れもしない。日本サッカー界に劇的な変化を与えたプロサッカーリーグ(Jリーグ)が創設された頃。世界的に超有名なスター選手が当時ならサッカー云々じゃなくても「知らないヤツはいねえ!」的なウルトラスーパースターが日本にやってきた。 世界中か…

五年。

あれから5年。 普段はつけていないウチの店のテレビを その時来店していたお客様が偶然つけていて あの映像を目撃してから5年。 あれから5年。 その直後 全く仙台の印刷屋さんと連絡が取れなくなって その事情をアルバム委員の子達に説明すると 「出来上がり…

温想。

見ているだけで寒さが伝わってくる 冷たい風が吹きつけていたスタジアムで 試合開始のセレモニーに 元気な笑顔で花を添えてくれていた子ども達へ。 代表選手と手を繋いで入場した貴重な体験と一緒に どうかずっと覚えていて欲しい事がある。 君たちにぴった…

決戦。

いったい一年に何回 絶対に負けられない戦いがあるのだろう? と偶に思ったりもするのですが 今日だけは 今日の試合だけはマジで負けられない てか勝って欲しい試合だ。 もし今日負けたとしても 次の3位決定戦で勝てばオリンピックには行ける。 ただやはり …

英雄。

これは2012年のロンドン五輪の後にダイアリー版にて書いた記事なのですが今は読者限定となって裏面扱いとなっていてリンクを張っても圧倒的に読めない方が多いと思いますのでつい先日現役引退を発表された女子サッカー界のレジェンドに敬意を表するためにも…

世界。

約一ヶ月半の長きに渡り繰り広げられた ココで言う「もう一つのフットボール」の世界の祭典。 世界一を決める決勝戦のスタジアムは 僕が知るフットボールの祭典とは一味もふた味も違った 本当に世界一の栄誉をかけて戦う場に相応しい こんな事を書くと ダイ…

順位。

そりゃ確かに残念ではあるけれど確かにあの序盤の失点は痛かったけれどあの子達はあの子達らしく最後まであの子達のサッカーをやり抜いた。だから僕的にはなんの悔いもない。今一番悔しい思いをしているあの子達に対して僕にできるのは健闘を称え労ってあげ…

決戦。

さぁ行こう。欲しいものは一つだけさぁ行こう。目指す頂きはすぐそこにある。 「世界のなでしこになる」 JFAが策定したなでしこビジョンには 2015年のカナダ女子W杯で優勝すると表記されている。 まだ日本で女子サッカーがメジャーなスポーツでない頃から い…

成長。

無事に決勝進出が決まった号外と決勝点となったイングランドのオウンゴールと前半のPKの打ち合いシーンだけを見せられた方には無理な話かもしれませんが今日の試合をじっくりと見て下さった皆さんには気づいてもらえたのだろうか? 膠着した試合展開特に後半…

四強。

ここまでは実に想定通りに来ている。史上もっとも困難な連覇への道のりを順当に進めている。ギリギリの状況に追い込まれても諦めず全員で走って全員で身体を張る。四年前世界中を震撼させ日本中を歓喜の渦に包みこんだのは決してスーパーガールの集まりでは…

準備。

皆さんはしていますか?明日の朝早起きする準備を。 皆さんは出来ていますか? 日曜日の予定を 少し眠くても大丈夫な覚悟を。 ひょっとしたら せっかくの日曜日を午前中は二度寝にあてる そんな方もいるかもしれませんね。 ウチの会社はおかげ様で 日曜日は…

籤運。

思えば子どもの頃から 懸賞とか読者プレゼントとかに当たった試しがない。 宝クジは言うまでもなく 年賀状についてるアレだって もう45年生きてきて切手以外のモノを貰った事がない。 ましてや イタリアンバイクなオサレ写真兄(id:kenny1991)さんのように 海…

課題。

そろそろ受験生イヤーの一学期が終わりを迎える奈良のお嬢(id:ka-ruto)の夏休みの課題の話ではなくて。 無事に今回もグループリーグ突破を決めて 四年前よりも1試合多い決勝トーナメントに向かうあの子達に 決定力がどうとか試合運びがどうとか 女子サッカー…

契約。

僕が子どもの頃には 日本ではサッカーはまだプロリーグはおろか プロ選手も存在していなくて だからって訳じゃないんだけど 高校進学の時にマグレで受かった進学校に 「私学には女子いないし」 的な理由であっさり進路を決められたり 気に入らない先輩がいる…

結合。

久しぶりに大きな国際大会で見る君の勇姿。スタメンでしかもセカンドトップで躍動する背番号7。 四年前のドイツでは途中でセンターフォワードが変わり その次のロンドンでは 君の場所には別の選手が選ばれて。 あのアメリカを破ったアルガルベ杯以来の 君と…

開演。

さあ行こう。 目的は一つだけ。 さあ行こう。 目指す頂きはそこにある。 四年前 僕がこの書き出しで記事を挙げた時 君達はまだ 本当に君達だけで頑張るしかない 普通の女の子達だった。 四年前 多くの人が君達の総称は知っていても 君達が どんなサッカーを…

吉兆。

ついに開幕したカナダW杯 が始まる少し前にドイツから嬉しい知らせが届いた。 日本人選手が所属するチームの 欧州チャンピオンリーグ制覇。 ヨーロッパにあるおよそ全ての女子サッカーチームの ナンバー1を決める大会。 その優勝チームに日本人選手がいるな…

再戦。

ダイアリー版からのお友達は覚えておいでだろうか? 今から三年前の夏の日。 「若くて強くて可愛らしい」とマスコミに持ち上げられながら ヤングなでしこが日本にて世界一を目指したあの大会。 日本開催の理由づけをするかのように 仙台から始まったあの大会…

相愛。

少し前の記事にてご紹介した女子サッカー選手の契約事情。日本では神戸のチーム以外には完全プロ契約しているチームはありません。だから海外リーグからオファーがあれば移籍を考える選手が多い中この4年間一切移籍話を封印して魅力あるお誘いでも断り続けた…

復権。

復帰繋がり三部作的な感じで 全く関係のない藤の写真を乱発しながらお送りしておりますが 最後を飾るのは超絶有名な復帰した人がいる話。 てかもうすぐ始まっちゃうんでね。 ココの裏大命題でもあるあの子達の応援記事を 藤の花同様に乱発するかもしれないか…

願叶。

新年のあわただしさが過ぎたころ彼女に朗報が届く。「君の力と経験が我がチームに必要だ」まだリハビリの途中で復帰できるかどうかも分からない彼女に一部リーグに上がった大阪のチームからプロ契約のオファーがあったのだ。ずっと関東で過ごしてきた彼女を…

後悔。

後に彼女自身が語った言葉。 「あの時試合に出てなかったら怪我をしなかったかもしれないけど きっと今の何倍も後悔していたと思う」 マレーシアにて行なわれた ロンドン五輪最終予選の最後の試合。 試合前まではスタメン予想さえされていた彼女の姿はベンチ…

一夜。

選手なら誰しもスタメンでゲームに出たいもの。 ましてや一度でもエースナンバーを背負った事がある者なら尚更だ。 それでも最初から「控えで呼んだ」と言われたW杯。 今の自分にできることを精一杯する為に 「私にはスピードで試合の流れを変える自信がある…

追想。

これは少し前に道程と言う記事でも書いたのですが僕がずっと前から応援しているある女子サッカー選手のお話です。これから始まる女子サッカーW杯に向かう選手たちと先日マジメな記事を書いてた奈良のお嬢(id:ka-ruto)へのエールを込めて少し長めの話な上に何…

六分。

まだ6分咲きと言ったところだろうか?いやいやココに載せてる梅の話ではなくて昨日やっとこさ「らしさ」を垣間見させてくれた あの子たちの話ですけどね。まぁ色んな人が色んな事を言ってますがよく考えてみて下さいな。真冬の日本からいきなり30度にもな…

走継。

今年もまた それが自然なことのように 君はその決意を刺繍した黒いスパイクを履くんだね。 今年もまた それが自然なことのように サッカーの神様が息吹をふきこんだ名門チームの 背番号40のジャージを羽織るんだね。 そして今年もまた 試合中はそれが自然な…

通声。

昨日の記事にて触れさせて頂いたこれからサッカーを本気でする子達はしっかりと見て欲しい試合中に何度も解説のナミ姉が繰り返したポルトガル戦をピッチで支え続けたもう一つの声。 中継をご覧になった方は気付かれたでしょうが 実際に彼女の声はよく通るの…

感嘆。

初戦の鬱屈を払拭した二つの声。 初戦の記事と 某ウサギ(id:hana-kaoru)さんの記事のコメントにちらっと書いてはみたものの こんなにも違うものだろうかと感嘆した二つの声。 アルガルベカップのポルトガル戦が 初戦とは全く別の試合に見えた大きな要因。 前…

苦言。

なんであのテレビ局はサッカー中継が普通にできないんだろう。別にそんな陳腐な盛り上げ方をしなくたって無理やりドラマティックな演出をしなくたってサッカーは特に女子サッカーはドラマティックで本当に何が起こるかわからないスポーツなのに。 なんであの…

決断。

「新しい環境で挑戦してみたくなった」 久しぶりに雑誌の対談記事で見た彼女は 随分と晴れやかな顔で笑っていた。 確か去年の今頃は 代表のトップチームに選出されて アルガルベカップに出場する為ポルトガルにいた彼女。 日本サッカー協会が主催する JFAア…

矛盾。

例えばもし あなたの娘が日本代表選手に選ばれて テレビに出たりした時に 「実はその競技では生活できないのでOLをしているんです」 とか「お酒の量販店でレジを打っているんです」 とか言う話を笑いながらするのを見て どんな気持ちになりますか? しかも試…

実績。

僕には未だに鮮明に思い出せるあの光景。 きっとテレビサイズ的には 試合前の場つなぎと会場の様子的に流れた ほんの数秒程度のスタジアムのパンショットだったのだろう。 でも あの中継のカメラでさえ流し撮りの途中でアップで抜いた様に あの場面を見たう…

切望。

最近とてもハマっている事があります。 某テレビ朝◯系列でのサッカー日本代表戦の中継。 いやいや僕はもともとサッカー少年だったし 男子女子関係なく 放送がある場合は余程のことがない限り てか余程のことがあったとしても見るのですが ハマっているのは …

隊長。

今日は伝説の男の話をしよう。 それはまだW杯出場が日本サッカー界の悲願だった頃の話。 日本のサッカーシーンに彗星のように現れた彼は あと一歩、本当にあと一歩のところまで僕らを導いてくれた。 それと同時に まだ二部リーグだった所属クラブをトップリ…

現実。

今回も順当に決勝進出を決めた割に 連覇を逃してしまった的に報じられている なでしこの彼女達。 皆さんは御存知でしょうか? 報道で試合のテレビ中継で言われている 若手主体で臨んでいたらしい 今ピッチで戦っている彼女達の実情を。 例えば仙台から選出さ…

先駆。

少し前に報告させて頂きました様に 今年のなでしこリーグレギュラーシーズンは 我らが出湯の里の情熱のチームが優勝出来たのですが もちろん出湯の里のチームの頑張りが実ったのもさることながら 神戸の常勝軍団から多くのトップ選手が海外に移籍したのも 一…

引退。

こんな事が気になってしまうのは僕だけかも知れないが その言葉を聞いたり読んだりする度に ずっと思っている事があります。 これは 選手本人が使っているのではなくて その事を伝えるマスコミが 特に海外の選手の発言を勝手に意訳しちまったりする 日本のマ…

情熱。

【夢をみることがなければ、そこからスタートしなければ何も始まらない・・・】今から10年ちょっと前。岡山県の県北の田舎町にて産声を上げた官民一帯事業とは言いながら決して県内でも認知度は高くなかった出湯の里の小さな小さなサッカークラブに当時の監…

終宴。

開幕からもう一ヶ月も経ってしまったのか。 僕的には大ショックな事件から始まったW杯。 それでも 子どもの頃に感じたドキドキ感ワクワク感をそのままに サッカーというスポーツの ステキさ面白さがふんだんに詰め込まれた 実に見応えのある大会だった。 中…

順位。

僕は今までにも何度か書いてきたのですが 大きな国際大会で 世界中の注目を集める国際大会での 4位と言う順位の価値とその順位になった選手達が 味わう事になる辛さは本当に必要なんだろうか? 例えばオリンピックのような金銀銅のメダルがかかっている なら…

縁起。

思えば四年前の南アフリカ大会の時は もっとワールドカップについて色々書いてた気がする。 試合自体は グループリーグの初戦から各国とも とても面白い見応えのあるゲームが多く 仕事から帰宅したらほぼ ずっと録画してたその日の朝の試合を見てる状態 なの…

監督。

僕が思うに あのイタリアからやってきた監督は 今迄の外国人監督の中で 一番客観的に日本サッカーを見てくれている気がする。 それまでの外国人監督は どっちかと言うと世界レベルのサッカーを教えてやる 的なニュアンスが強かったと僕は思う。 確かにドーハ…