てか48なんだけどさ。

気分はお兄ちゃんですが48歳らしいですよ。

桜寄。

今日の写真は僕の大好きなショートズームレンズの
広角側を使って寄ってみました♪

f:id:tk1969:20170412185724j:plain
な写真をいっぱい載せてみようと思います。
普通にショートズームで寄るのも面白いですけど↓

f:id:tk1969:20170412185824j:plain
広角側で寄った方が周りの風景も映り込んで
よりいっそう周辺のボケ感が増しますね。

f:id:tk1969:20170412185950j:plain
広角系のレンズで見上げて寄るのはコスモスの時と
同じ手法なんですが

f:id:tk1969:20170412190122j:plain
しゃがみこまんでも良いだけ桜の方が楽ですね。
まぁ楽かどうかは置いといて

f:id:tk1969:20170412190313j:plain
この距離感で接近できるのもやっぱ桜って人に近い花。
なんじゃないですかねぇ。

f:id:tk1969:20170412190424j:plain
上の写真の桜とレンズの距離は3~4cmくらいですが
これだけ普通に寄れる木に咲く花ってさ

f:id:tk1969:20170412190628j:plain
やっぱ人間に好かれてるって感じじゃないのかなぁ。
まぁソコは僕の一方的な思い込みかも知れませんがね。

f:id:tk1969:20170412190743j:plainこんな咲いてるから奥行きもバッチリでますな。
いっぱい咲いてる感は伝わりますかね?

桜展。

梅と違って桜って
毎年撮っていても撮り飽きないっていうか
撮れば撮るほど面白くなってきます。

f:id:tk1969:20170411210819j:plain
何が違うんでしょうね。
やっぱ一気に咲いてあっという間に散っていく
一瞬を楽しむ花なのは間違いないけど。

f:id:tk1969:20170411210954j:plain
周りの木々の緑も徐々に深まってくる中
浅い淡い桜色の花がより引き立つのも
桜の面白さの一つでしょうか。

f:id:tk1969:20170411211138j:plain
そして前ボケあり後ボケあり玉ボケもあり
僕の大好きなあっさいあっさい絞りで撮る写真の味が
存分につぎ込めるってのもそうですね。

f:id:tk1969:20170411211317j:plain
何より陽ざしに映える薄い桜色が
柔らかさと春の暖かさを表現できるしね。
この暖かさの色こそ春が来たよっていう季節の声。

f:id:tk1969:20170411211537j:plain
そんな桜も今日の雨で随分散っちゃったなぁ。
桜が咲くと雨が降る
そんな一瞬の春だからまた撮りに行っちゃうのかな。

響葉。

確かに君にはその資格がある。
そして君からの言葉なら選手達の心に響く
伝わる力を持っている筈。

f:id:tk1969:20170410200532j:plain

見た目はオーソドックスな4-4-2のフォーメーション。
ペアリングされた2人の選手が常に連動して上下動を繰り返す事
を除けば。

ツートップは最前線からチェイシングをかけ続け
サイドハーフサイドバックは連係して攻守をこなす。
そして前を向いてボールが持てたら素早く一気に仕掛ける。

文字で書けばたった数行
ただ実際にピッチの上で90分行うとなれば
相当の体力と走力と気力を維持しなければならない。
でも君はそれを決断した。

f:id:tk1969:20170410200656j:plain

局面ごとに数的有利が確保する事ができれば
身体能力的な不利をカバーできる。
女子サッカー選手として初めて世界と対戦した時の
痛さ苦しさ辛さ
何より悔しさを知っている君だから。
しがみついても弾き飛ばされ
足掻いてもあしらわれボールが頭の上を通過していく
悔しさを実際に知っている君だから。
日本人として世界と戦う為にそして世界を獲りに行く為に
心を鬼にして選手達に「まだまだ走れ」って言うんだね。
そして今の代表選手達を
アンダー世代から指導してきた君だからこそ
「もっと出来るはず」「もっと頑張れるはず」と
確信しているんだね。
厳しい顔でピッチを見続けている君を見ながら
僕はそう思ったんだ。

f:id:tk1969:20170410200906j:plain

集まってくださった熊本の皆さんの前で
披露することが出来た君の目指すチームの片鱗。
所属チームのカテゴリやレベルには関係なく招集された
アンダー時代からずっと見続けてきた
君と一緒に前を向いて走り続けられる選手と
着実に進化し続けていけますように。